栄養科

栄養科では、管理栄養士2名と、委託業者様の栄養士・調理員が、入院患者様には約230食(朝昼夕)のお食事と経管栄養剤を、通所リハビリ利用者様には約20食のお食事提供を行っています。

管理栄養士は、患者様一人ひとりの栄養状態を評価し栄養管理を行っています。
栄養状態に問題のある患者様を中心に、病棟のスタッフカンファレンスにも参加し、他職種協同で患者様の療養の支援をしています。

また、在宅へ退院される患者様や、外来通院中の患者様への栄養相談をお受けしたり、飲み込みの悪い患者様の食事形態の調理法等もご指導させていただいております。

お食事や栄養状態に少しでも不安なことがありましたら、栄養科管理栄養士までお問い合わせ下さい。


≪入院患者食≫

入院中のお食事を楽しんでいただけるよう、月に1回程行事食の提供を行っています。
また、嚥下機能の低下した患者様には平成26年より、ソフト食の開発に取り組んで来ました。同年2月より全面スタートさせ、現在に至っております。
さらに、患者様からのご要望で、平成28年3月より、ソフト食の麺メニューやパンメニューの提供も開始しました。
今後も種類や盛り付けにこだわり、見た目でも楽しめる食事の提供を目指しております。
(ソフト食とは、食材一つ一つをミキサーにかけ、舌でおしつぶせるくらいのかたさに再形成しのどごしの良いお食事の事です。)

                         
      ハンバーグ(ソフト食)                     おでん(ソフト食)
                             
                             
      うどん(ソフト食)                     北海道神宮祭 イベント食(ソフト食)


≪通所リハビリ食≫

毎月、1週間、テーマを決めて行事食週間を設け、手打ちそばやご当地メニュー等のお楽しみ食を提供しております。

       

                   

 
        北海道ご当地メニュー 帆立丼                     北海道ご当地メニュー ふらのオムカレー  
                                 
                               
        手打ちそば