回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟

 回復期リハビリテーションとは

回復期リハビリテーション病棟とは脳血管障害(脳卒中)や骨折などの手術等の治療を受けたあとで、発症から2ヵ月以内に入院していただき、寝たきりの防止、日常生活動作(以下ADL)の向上、家庭復帰を目的として集中的なリハビリテーション(以下リハビリ)を行うための病棟です。

 失われた機能の回復訓練のみならず、移動(歩行や車椅子での移動)・更衣(服を脱着する)・食事・整容(顔を洗う・歯磨きをする・髪をとかす)・排泄(トイレ動作)・入浴・会話などのADLの再獲得に重点を置いています。訓練室内での訓練だけではなく、一人ひとりの患者様の退院後の生活を想定し、生活の場に近い病棟での訓練も行っています。必要に応じて家事動作や買い物・交通機関の利用・職場復帰といった生活に深い関わりをもつ活動への支援も行います。

特色

 1.チーム体制によるリハビリテーション

 医師・看護師・理学療法士(以下PT)・作業療法士(以下OT)・言語聴覚士(以下ST)・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士等の職員がチームを構成し、患者様が今何が出来て、何が困難なのかを見極めながらリハビリ計画を立て、家庭・社会復帰に向けて支援致します。

 2.事前訪問

 リハビリスタッフ(PT・OT)、医療ソーシャルワーカーが入院中の病院を訪問して、患者様の全身状態などを把握し、転院後の看護・介護・リハビリテーションへの移行をスムーズにすることを目的としています。
 患者様は転院前に当院のリハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーとお話しして当院を知っていただくことができ、安心感をもっていただけると考えています。

 3.合同評価

 入院当日に、リハビリスタッフが中心となって患者様の身体機能・精神機能・コミュニケーション・日常生活能力を把握し、日常生活での環境設定・介助方法等について検討します。
早期から看護・介護・リハビリの意思の統一を図ります。

 4.朝・夕のADLへの取り組み

 生活の時間帯に即した実際の日常生活場面(食事・排泄・更衣・整容)で訓練を行い、患者様のADLの向上を図ることを目的としています。また、動作を行いやすくするため一人ひとりに合った方法を検討し訓練しています。

 5.定期的なカンファレンス(話し合い)の実施

 入院後は定期的に、担当職員全員でカンファレンスを行い、患者様の病状の把握、リハビリの状況や方針等の見直しをし、今後の方針を検討します。
 カンファレンス後、患者様・ご家族に対して、病状やリハビリの目標・訓練内容・経過等についてご説明しています。

 

 6.家庭訪問

  リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーが早期に患者様の家(施設)を訪問し、自宅内での問題点を把握し、家庭復帰後の生活へスムーズに移行できるようリハビリを計画・実施しています。また、身体能力に合わせた住宅改修や動作方法の提案をしています。

 

退院が近くなったら⇒地域医療部との連携 

  入院時から患者様とご家族と相談し、患者様の身体機能に応じ目標期間を決め、訪問リハビリ通所リハビリへの移行も行っています。
 訪問リハビリ療法士も家庭訪問を行い、退院後の生活について検討を行ないます。

 

詳しくは、医療ソーシャルワーカーまたは
リハビリテーション科までお問い合わせください。

[お問い合わせ先] 病院代表 TEL(011)856-1111
地域医療福祉連携室 直通 TEL(011)856-0550